加齢臭解消のためには・・・

加齢臭を何とかしないとまずいと考えている中年男性は多いでしょう。加齢臭を漂わせているだけで会社の女性社員には嫌われるし、家に帰っても妻や娘にまで毛嫌いされてしまいます。しかし加齢臭解消のために何をすれば良いのか分からない人も多いはずです。

加齢臭解消のためには、まず自分が加齢臭を発していることを自覚することから始めなくてはいけません。なぜならばほとんどの中年男性が、自分が加齢臭を発しているという自覚がないのです。

自分は毎日清潔にしているから大丈夫だと思っている人は多いかもしれませんが、加齢臭はきちんとした加齢臭対策をしていかないと、なかなか改善はしていきません。気分はちょい悪オヤジを気取っていても加齢臭がしてきた途端に、ただの臭いオヤジになってしまいます。

毎日清潔に保つ

加齢臭解消のためには日常生活から見直していかなくてはいけません。それは毎日清潔に保つということです。毎日お風呂に入って、歯磨きをして、スーツやワイシャツなども全て毎日交換する、こういった当たり前のことから始めていくことが、加齢臭解消の近道となります。

実は加齢臭は男性だけでなく、女性にもおこることだと言われています。しかし加齢臭でいつも嫌われるのは男性だけです。これはどういうことか分かりますか?それは女性はつねに自分の体臭や身だしなみに気をつけているからです。

加齢臭を漂わせている中年男性も、女性のようにつねに自分の身だしなみを整え、清潔に保ち、体臭に気をつけていれば、加齢臭を解消するのはそれほど難しいことではありません。多少コロンなどを使って、体臭をカバーすることも考えたほうがいいかもしれません。

加齢臭の原因

加齢臭解消のためには、加齢臭の原因も少し勉強しておいたほうがいいかもしれません。なぜ40歳代の中年男性が加齢臭に悩まされるのかということが分かれば、そのことから加齢臭対策が出来るはずです。

加齢臭の原因となるのはノネナールという物質です。ノネナールは皮膚にある皮脂腺から出ている脂肪酸が酸化することによって出来る不飽和アルデヒドのことといわれています。人間の皮膚には皮膚に潤いを与えてくれる役割を果たしている脂肪や脂肪酸が皮脂腺から出ています。この脂肪や脂肪酸が酸化されることによって、加齢臭のノネナールが出来るのです。

脂肪や脂肪酸は中年男性だけではなく、誰でも出てくるものですが、中年になると酸化を抑える働きが弱まってくるといわれているのです。そのため40代くらいになると加齢臭となって出てきてしまうのです。加齢臭はある程度の年齢になると、誰でも出てきてしまうものといえると思います。

抗酸化作用の高い食品を摂取する

加齢臭解消の究極の方法としては、脂肪酸を酸化しにくくすれば良いということになります。

そこで加齢臭解消のために酸化しにくい身体を作ることが大切になります。酸化しにくい身体を作るには食生活を改善することが一番効果的です。抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンEを多く含む食品を意識して摂取することが大切となります。

例えばビタミンCだと、緑黄色野菜のパセリ、ブロッコリー、ピーマン 小松菜、ほうれん草、モロヘイヤなどが最適ですし、レモン、いちご、キウイフルーツ、柿、ネーブルオレンジ、グレープフルーツ、夏みかんなどの果物も良いでしょう。

またビタミンEでは、モロヘイヤ、カボチャ、ほうれん草、さつまいもなど、果物だとアボガド、キウイフルーツ、ブルーベリー、プルーンなどが効果的です。