加齢臭の原因

加齢臭解消のためには、加齢臭の原因も少し勉強しておいたほうがいいかもしれません。なぜ40歳代の中年男性が加齢臭に悩まされるのかということが分かれば、そのことから加齢臭対策が出来るはずです。

加齢臭の原因となるのはノネナールという物質です。ノネナールは皮膚にある皮脂腺から出ている脂肪酸が酸化することによって出来る不飽和アルデヒドのことといわれています。人間の皮膚には皮膚に潤いを与えてくれる役割を果たしている脂肪や脂肪酸が皮脂腺から出ています。この脂肪や脂肪酸が酸化されることによって、加齢臭のノネナールが出来るのです。

脂肪や脂肪酸は中年男性だけではなく、誰でも出てくるものですが、中年になると酸化を抑える働きが弱まってくるといわれているのです。そのため40代くらいになると加齢臭となって出てきてしまうのです。加齢臭はある程度の年齢になると、誰でも出てきてしまうものといえると思います。